中田翔がFA権を行使の場合、DeNA・広島・オリックス、阪神等が獲得を検討?

001

1: 風吹けば名無し 2019/08/23(金) 11:53:06.58 ID:VFz7lGyO0
「中田はフリーエージェント権利(以下=FA)を行使せずにチームに残りました。

彼自身、残留するか、新天地を求めるかで迷った時期もありました」(前出・スポーツ紙記者)

中田にもメンツがある。後輩の清宮に4番の座を奪われたとなれば、チームに残留する意味がなくなってしまう。
また、中田は肩が強いので、一塁だけではなく、外野守備も可能だ。今オフ、FA権を行使すれば、大砲候補として獲得する外国人選手が活躍できず、シーズン途中での緊急補強を繰り返している阪神、主砲・筒香嘉智の米球界挑戦が噂されているDeNA、戦力の建て直しが必須な広島、チーム打率の低いオリックスなどは、獲得を“検討”するだろう。

「中田の推定年俸は2億8000万円ですよ。FAで獲るとなれば、その後の人的補償や金銭補償のリスクも伴います」(球界関係者)

FAでも獲得しにくい選手ということのようだ。

もっとも、日本ハムは戦力の重複を嫌う。日本ハム側から中田を交換要員にし、仕掛けてくるのであれば、話は違ってくる。
中田に興味のある球団は少なくないが、日本ハム側から仕掛けてくるのを待つといった感じになりそうだ。

清宮が4番バッターとして成長した暁には、波乱が起こりそうである。

※全文は下記リンク元より
http://dailynewsonline.jp/article/1971942/


続きを読む

Source: ベイスターズ速報@なんJ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です