野球は9回2アウトからとはよく言ったもので

悪夢のような延長11回のサヨナラホームランでしたね。

それまでの試合内容(得点経過)は
初回、筒香とロペスで先制
4回、丸とゲレーロのホームランで逆転
6回、ソトのタイムリーで1点差
その裏、大城のタイムリー、丸の2打席連続ホームランで突き放される
そして8回表
ソトのタイムリー、代打細川は最低限のセカンドゴロで1点追加
途中出場の嶺井が起死回生の逆転2ラン(当時)
その裏の三嶋が完璧な内容で三者凡退に抑えてくれました。
ここまでは、ベイスターズの勝利を確信して歓喜に酔いしれていました。
皆さんもそうだったのではないでしょうか?
しかし…..
9回裏2アウトまでこぎつけた守護神ヤスアキ
あと1人が抑えられず、連続フォアボールから坂本にタイムリーを打たれて同点となり延長戦に突入
それまでは、ツーシームもストレートも問題なくコントロールも良かったように見えました。
キャッチャー嶺井のリードなのか、ヤスアキのメンタルなのか。
何となくですが、ヤスアキがうっすら笑っていたように見えました。
「何わろてんねん!」ってツッコミたかったです。
10回裏、ライトを乙坂に代えたのは大正解でした。
ライトがソトのままだったら、おそらくこの時点でサヨナラ負けだったでしょう。
先発の石田を4回で降板させてしまい、リリーフをつぎ込んでしまった代償が、延長戦に入ってモロに出てしまいましたね。
回またぎしてでもエスコバーに頼るしかなかったので、最後は打った方が優れていたということです。 
残っていたピッチャーは、藤岡と笠井だったので致し方なかったのかなと思いました。
この試合は重信が陰の立役者でしたね。
9回のフォアボール、そして11回のヒットと盗塁には敵ながらアッパレでした。
DeNA 6-8x 読売(延長11回)
勝  田口 1勝3敗
負  エスコバー 3勝4敗
本塁打(De)嶺井2号2ラン(読)丸21号ソロ、22号ソロ、ゲレーロ17号2ラン、石川3号2ラン
ついに読売のマジック20が点灯してしまいました。
時間の問題だったのでしょうけど、実際にその現実に直面すると悔しくてたまりません。
4位阪神とのゲーム差も2.5となり、CS進出すらも危うくなってきました。
先発投手の代え時が1イニング早いのかなと思います。
まあ、次戦の先発は今永なので1人で9回を投げ切ってもらいたいですね。
そして山口をフルボッコにして勝ち、読売のマジックを消灯させましょう!
それではまた🖐
 
\I☆YOKOHAMA/
 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村

↑↑良かったらボクをクリックしてたぬ
応援ヨ・ロ・シ・ク

Source: 横浜DeNAベイスターズに一喜一憂

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です