DeNA柴田「付き合い始めたカップルみたいですね(笑)」

1: 風吹けば名無し 19/08/29(木)07:42:40 ID:Tvj

 

大和 いちばん最初に喋ったのは2017年のクライマックスシリーズのときかな。まだ自分がタイガースにいた頃で、あの大雨の日のゲーム。 走者で2塁ベースにいるときに、タツが「雨の日ってどういうふうに投げたらいいんですか?」って聞いてきて。

柴田 聞きました(笑)。

大和 確か上から投げたら滑るから、ちょっと横から投げたらいいよって言ったのかな。試合中、
なんでもない会話をすることはあるけど、具体的なアドバイスを求められるってなかなかないよね。よく覚えてる。

柴田 上手い人に聞いてみようと思って。 大和さんみたいな守備が理想だったんですよ。

大和 まだ横浜に行く話もなかったから、こうして同じチームになるとは不思議だね。

柴田 そうですね。 そのあと大和さんがベイスターズに来て、最初に話したのはなんだったっけなあ……。

大和 う〜ん……。

柴田 なんか付き合い始めたカップルみたいですね(笑)。でも連携プレイとか、サインの確認とか
をしながら、徐々に話すようになったんだと思います。もともとタイガース時代から、大和さんの自
然体の守備をいいなあと思ってすごくよく見てい
たんですよ。だから今は後ろからも横からも、いろんな角度から見れるんで最高に楽しいです。

大和 (笑)。俺はタツの守備を見てて安心感があるよ。12球団のうち、3本は厳しいかもしれないけど、5本の指には入るんじゃない? 

柴田 えっ、なんか嬉しい!

大和 いや、指の話はざっくりやけど(笑)。タツ
の場合、まわりの人がすごい! って思うファインプレイも、俺からしたら当たり前やなあって。だってもとの基準が高いからね。タツが捕れへんかったら、それは仕方ないと思うよ。

柴田 いやあ、まだまだです。でも、大和さんと組むとアイコンタクトが多くてやりやすいんです。
僕はショートといろんな確認をしたいから。

いやおかしいやろその例え


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です