松坂 中日退団覚悟「現役続行」意思「ボロボロになるまでやる」美学

88be0571

1: 風吹けば名無し 2019/08/31(土) 17:24:45.83 ID:Xr911P9E0

松坂 中日退団覚悟「現役続行」意思「ボロボロになるまでやる」美学
 来季の去就が注目されている中日・松坂大輔投手(38)が今季限りでの退団も覚悟した上で、現役続行の意思を固めていることが30日、分かった。球団側は来季契約について現時点では白紙のままを強調しているが、球団から今後、たとえ戦力外通告を受けようとも、あくまで本人は移籍先を求めて現役続行にこだわり続けていくという。

 現況が崖っ縁であるのは確かだ。ソフトバンクから中日へ移籍1年目の昨季は6勝をマークした松坂だが、今季は2月のキャンプ中に右肩を負傷して調整が大幅に遅れ、一軍登板はわずか2試合にとどまり、0勝1敗、防御率16・88。初登板となった7月16日の阪神戦(ナゴヤドーム)は5回2失点と粘ったが、同27日のDeNA戦(ナゴヤドーム)では初回に一死を取っただけで8安打8失点と大炎上して自己最短KOの屈辱を味わった。

 このまま松坂は中日から戦力外通告を受け、現役続行も厳しいのか…。だが、松坂と親しい関係者はそれを否定。「メジャーでもソフトバンクでも戦力外通告を経験している松坂にとって、こういう騒がれる時期がまた来たぐらいにしか思っていないよ。仮に、中日を退団するようなことになったとしても、どこに行ってでも、現役続行の気持ちが揺らぐことはないと考えている」と力説する。


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です