巨人、ソトにやられ放題 首脳陣「あの時、獲っておけば…」

2019-09-11 21-43-37-961

1: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 23:11:35.40 ID:gARqep070

巨人、ソトにやられ放題 首脳陣「あの時、獲っておけば…」
 巨人は12日、2位DeNAとの直接対決第3ラウンド(横浜)を8―5で制し、今カード2勝1敗と勝ち越し。優勝マジックを2つ減らし「7」とした。ライバルに5ゲーム差をつける快勝劇の立役者は仰天のツイスト打法で2本塁打5打点の丸佳浩外野手(30)。ただ、気がかりなのはこの日も含めて2戦計4被弾のネフタリ・ソト内野手(30)の存在だ。もはや手のつけようのない天敵砲に今さらながら「あの時、獲っておけば…」とじだんだを踏んでいる。

  今回の3連戦ではソトの4発を含め計8被弾。DeNAとは3試合を残し、CSで再び激突する可能性もある。首脳陣を中心に対策を講じても上回ってくる敵の大砲に、お手上げの感すら漂う。しかも、今になって「あの時、ソトを獲っておけば…」と悔やむ声も後を絶たない。

 というのも、ブレーク前のソトの底知れぬ才能に早くから岡本らが気づいていたからだ。2016年オフ、プエルトリコでのウインターリーグに派遣された岡本たちは現地で遭遇した“無名の金の卵”に度肝を抜かれていた。「とんでもない選手がいる…」。同行していた会田ファーム投手兼トレーニングコーチらも絶句したという逸材が、実はソトだった。現地の情報に現場からは「何で球団は獲らないの?」と首をかしげる者もいた。

 逃した魚は2年連続で40本塁打以上とデカく、今やすっかり巨人の天敵になった。ソトは推定年俸9500万円+出来高払いで、来季に関しては球団が契約延長の選択権を持つ。巨人が“強奪”しようとしても可能となるのは事実上、来オフとなる。来季を見越しても、どうにかしてソト封じを完成させるしかない。


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です